高知)ソーラー充電スタンド設置 高知市の昭和小

四国4県で900人以上が亡くなった1946年12月の昭和南海地震で、約1カ月間の長期浸水に見舞われた高知市・下知地区の小学校に、太陽光発電と蓄電池を組み合わせた「ソーラー充電スタンド」が設置された。南海トラフ地震などの際、避難住民らのスマートフォンなどの充電に役立ててもらう考えだ。 シャープが12月 ...
関連ニュース