地熱から「CO2フリー水素」、大林組がニュージーランド企業と

これまで大林組は、2016年4月にニュージーランドの地熱調査会社MB Century社と地熱発電に関する相互協力協定を締結。同社の親会社であるTuaropaki Trust社と、同国における地熱電力を利用したCO2フリー水素製造および流通の事業可能性について検討してきた。Tuaropaki Trust社は、傘下に地熱発電子会社(発電 …

「事業計画策定ガイドライン(地熱発電)改正案」に対する意見

事業計画策定ガイドライン(地熱発電)改正案」に対する意見. [氏 名]. (企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名). [住 所]. [電話番号]. [FAX番号]. [電子メールアドレス]. [御意見]. ・該当箇所(どの部分についての意見か、該当箇所が分かるように明記して下さい。) ・意見内容. ・理由(可能であれば、根拠 …

事業計画策定ガイドライン(地熱発電)

事業計画策定ガイドライン(地熱発電)改正案 新旧対照表(傍線部分は改正部分). 改 正 案. 現. 行. 目次. 第1章 (略). 第2章 適切な事業実施のために必要な措置. 第1節 (略). 第2節 モニタリング. 1. 源泉・蒸気井・還元井のモニタリング. 2. (略). 第3節~第5節 (略). 付録 (略). 第1章 総則. 1.ガイドライン制定の趣旨・ …

地熱資源 可能性探る 松江で研究者らシンポ

地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を発生しない再生可能エネルギーの普及啓発に向けたシンポジウムが18日、松江市内であった。高い潜在能力がある同市の地熱資源を、発電にとどまらず、観光などに結びつけて普及につなげるなど、化石燃料や原子力に代わるエネルギーの可能性について、研究者らが意見 …

大林組、地熱発電×水素製造に参入 ニュージーランドで実証研究

大林組(東京都港区)は2月14日、ニュージーランドのTuaropaki Trust(トゥアロパキ・トラスト)社と、地熱電力を利用したCO2フリー水素の製造・流通の共同研究に関する覚書を締結したと発表した。 この共同研究は、トゥアロパキ・トラストグループの地熱発電を利用して年間100トン程度のCO2フリー水素を製造・貯蔵・運搬し、 …

大林組/地熱活用し水素製造/ニュージーランドで共同研究

大林組は、CO2の排出を伴わない水素製造の事業化に向け、地熱電力の活用検証に乗り出す。ニュージーランドで地熱発電を手がけるトゥアロパキ・トラスト社と2017年12月に共同研究の覚書を締結しており、同国で地熱を使った年間100tの水素製造を実証し、貯蔵や運搬も含めた事業全体のスキームの可能性を探る。

1 / 26412345