火力発電プラントの設計業務

火力発電プラントの設計業務の転職・求人情報 6817569。プロのコンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。年収800万円以上の高年収、管理職、スペシャリストの求人、非公開求人スカウトも多数。

苫小牧共同火力発電所3号機の停止作業の終了について

苫小牧共同火力発電所3号機 (所在地:苫小牧市、定格出力:25万kW、使用燃料:重油) 1月20日(土)から1月22日(月)の予定で、タービン付属装置の点検作業のため停止いたします。 (2018年1月19日お知らせ済み). 苫小牧共同火力発電所3号機は、1月20日(土)にタービン付属装置の点検作業を終了し、運用を開始しま …

バイオマス発電ローンファンド

事業者Cは、上記バイオマス発電事業に係る設計に基づき、事業者F(SPC)を通じ、第1号案件として東海地方におけるバイオマス発電所の開発を進めており、本件開発案件を当該発電所の建設・運営を目的として新たに設立する予定の事業主体に販売することにより、販売後の売却代金を原資に返済がおこなわれます。

大阪ガス、三重県でバイオマス発電に参加

大阪ガス 22日、三重県松阪市でバイオマス発電事業に参加したと発表した。今月1日に稼働した、未利用の間伐材を燃料に使い地元向けに電力を供給する運営会社へ14.5%を出資した。発電容量は1990キロワット。国内の火力発電所運営のノウハウをいかして電力の安定供給を狙う。 発電子会社のガスアンドパワーを通じ、 …

核燃料データ、40年超誤り=東海第2原発、審査影響調査-日本原電

核燃料データ、40年超誤り=東海第2原発、審査影響調査-日本原電. 日本原子力発電は22日、東海第2原発(茨城県東海村)の原子炉内の核燃料棒の位置を示すデータが40年以上誤っていたと発表した。データは再稼働に必要な審査などで使われており、日本原電は「審査への影響を早急に確認する」としている。

福島第1原発2号機、溶融燃料広範囲に 格納容器内の底部を撮影

東京電力は22日、福島第1原子力発電所2号機の原子炉格納容器内部の調査で撮影した映像を公開した。底付近に、溶け落ちた核燃料とみられる堆積物が広範囲に散乱していた。1~3号機を調査し、2021年にも始める溶融燃料の取り出しに必要な情報を集める計画。 東電は19日に伸縮性のパイプの先端に取り付けた …

「福島第一原子力発電所 特定原子力施設に係る実施計画」の変更認可申請の一部補正について|プレス …

当社は、2017年10月6日、「中低濃度タンク(G4南エリアフランジタンク),雨水回収タンク及びRO処理水移送ポンプ,RO濃縮水貯槽移送ポンプ,RO濃縮水移送ポンプ,集水ピット抜出ポンプ,雨水回収タンク移送ポンプの一部撤去」に係る、「福島第一原子力発電所 特定原子力施設に係る実施計画」の変更認可を原子力規制 …

「超電導フライホイール」で太陽光の出力安定化、実用化に前進

山梨県と鉄道総合技術研究所、古河電気工業、ミラプロの4者は2017年12月19日、改良型の「超電導フライホイール蓄電システム」を公開し、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の出力変動を緩和するための蓄電装置として、実用化に一歩前進したとの見方を示した。 甲府市にある米倉山太陽光発電所の敷地内に設置・実証 …

那須烏山市に19MWのメガソーラー建設、地銀5行が融資

レノバは、栃木県那須烏山市に出力19.2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「那須烏山ソーラー発電所」を建設する。2017年12月28日にプロジェクトファイナンスを組成したと発表した。2018年1月に着工し、2019年5月に運転を開始する予定。 レノバなどの出資する匿名組合事業として「合同会社那須烏山ソーラー」が …